その他ページのご案内です。

TOP > その他

母乳育児

その他ページについて


母乳育児とカフェインについて

カフェインは大量に摂取すると健康に悪影響が出ますが、やはり授乳中もよいものではありません。脳を刺激する物質が含まれていることから妊娠でも出産でも、また授乳であっても興奮気味になってしまい、不眠になったり落ち着きがない状態になることもしばしばです。

母乳にカフェインが含まれている状態だと、赤ちゃんも不眠になる可能性が大ですし、不機嫌な子供、喜怒哀楽が激しい子供や興奮して落ち着きの無い子供に育ってしまいます。

カフェインが乳児の体内に入ると、大人よりも消化するまでの時間も長く、約3日は体内に残った状態になります。コーヒーはもちろん代表的ですし、紅茶や緑茶、ココアやウーロン茶などにも含まれています。

またこの中で緑茶の場合はタンニンという成分と結びついて吸収されるため、興奮状態や不眠症にはなりにくいと言われています。ではちょっと一息つきたいときに手段が無い、となったらどうするか、類似のものを選ぶ方は多いようです。

麦茶やほうじ茶、杜仲茶など、またコーヒーでもノンカフェインのものが市販されていますし、他にはホワイトチョコレートの類もリフレッシュには役立ちます。チョコレートの場合は原材料としてカカオマスではなくカカオバターであれば大丈夫です。

また、たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーも人気のようです。カルシウムや鉄分も豊富で、母乳を安定させる効果も高いですから、母乳育児を目指す妊婦さんや子育てママさんにはうってつけのドリンクと言えます。