夜泣きをミルクで解消する方法をお話ししています。

TOP > 関連ページ > 夜泣きについて

母乳育児

夜泣きをミルクで解消する方法について

夜泣きは新生児期を過ぎたころから、授乳やおむつなど原因ではないのに夜中に突然泣き出す、号泣することですが、生後半年から1年くらいに最も多いとも言われています。

夜泣きは母乳と粉ミルク、どちらを与えているかで実は違いが出ます。実際、ミルクで育てているほうが、夜泣きの傾向が大きくなります。

母乳、混合、ミルクの割合を見てみると、ミルクのみのケースが一番夜泣きが多いと言うデーターがあります。夜泣きの原因がミルクだとすると、今後夜泣きに悩まされるお母さんが増えることになりますが、やはりしっかり母乳で育てられるようにしておきたいものです。

では母乳が出るような体質に変えるにはどうしたらいいのか、やはり食事面が大切ですが、当サイトではたんぽぽ茶をお薦めしています。たんぽぽの根を使ったお茶として健康のために育児中のママや妊婦さん以外でもよく使用されます。

またカフェインは入っていないものを使用したいものですが、ティーライフのたんぽぽ茶であれば大丈夫です。栄養分もばっちりですので、是非妊娠前から飲んでおくことをお薦めします。

夜泣きはすぐにでも癖になってしまうものです。日に1度は泣くことを覚悟しておくべきですが、育児で疲れているのに夜中に起こされると大変です。ベッドで作れるようにしたり、日中もやはりしっかりあげているのか、足りなかったら量を増やしておくのも大事です。

もしあなたが、赤ちゃんの夜泣きに困っていて母乳に切り替えたいけどなかなか、と悩んでいるのであれば、ティーライフさんのたんぽぽ茶を一度試してみてください。

ティーライフさんのたんぽぽ茶を飲むようになれば母乳が出る体質に徐々に変わっていきますし、それにより赤ちゃんにしっかりと母乳を与えることができるようになりますので、夜泣きも徐々におさまるようになっていきます。

ティーライフさんの公式サイトは下記より確認することができます。母乳で赤ちゃん育てたい、夜泣きに困っているという方は今すぐたんぽぽ茶を試してみてください。

母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】