母乳を出すと喉が渇く理由についてご説明しています。

TOP > 関連ページ > 喉が渇く理由

母乳育児

母乳を出すと喉が渇く理由について

母乳で育児をすることは赤ちゃんにとってとても良いことですが、お母さんにとってよくある悩みが喉の渇きです。

食欲もかなりのものですが、喉の渇きはもちろんそれ以上、渇きを癒さなければ喉をご飯も通らない、こんな状態になるわけですが、やはりペットボトルの水をがぶ飲みする方もいます。

しかし、ペットボトルは経済的にちょっと考え物です。普段でも水は大切ですが、授乳時の消費量もかなりのものです。授乳期のお母さんでなくても1日に2リットルは必要と言われますが、授乳期は約3リットル程度が一般的です。

ではどうやって渇きを癒せばいいのか、ここでお薦めしたいのがたんぽぽ茶です。たんぽぽ茶はお茶ですから湯沸しを使ってポットから注ぐ、あるいは大量に作っておくことも可能です。

またお茶ですからカフェインが気になりますが、ティーライフさんのものはノンカフェイン、カルシウムや鉄分も豊富です。

妊娠中に太ってしまってできるだけ早く元の体型に戻したいからと、食事を抑えるのもよくありませんが、たんぽぽ茶はしっかりダイエットに効果的な成分も含まれていますので、バランスよく痩せていくことができます。

出産後は骨盤のゆるみも徐々に戻っていきますが、栄養分が不足してきたりすると、なかなか戻らなくなってしまいます。この状態にもカルシウムを豊富に含むたんぽぽ茶は効果が絶大です。

喉の渇きを潤すのにもよいですし、ちょっと気晴らしに一杯、つまりコーヒータイムの気分で飲むのもお薦めです。妊娠中でももちろん、カフェインが含まれていませんから安心です。

また、栄養の摂り過ぎにも注意しなければなりません。3食が5食、多くてもバランスはしっかり考えている、と言ってもやはり適量をバランスよくが基本です。

妊娠中に守っていたことをいきなり解禁したりしないで、赤ちゃんが母乳から離乳食に入るくらいまでは、しっかりルールとして守っておくのが肝心です。

もしあなたが、母乳育児中の喉の渇きでお困りであれば、たんぽぽ茶を一度試してみてください。水などをガブ飲みするよりもよっぽど喉の渇きを潤してくれますし、赤ちゃんにもとてもお薦めしたい飲み物です。

母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】