たんぽぽ茶の作り方と飲み方は個人で様々です。

TOP > たんぽぽ茶 > 作り方と飲み方

母乳育児

作り方と飲み方について

たんぽぽ茶の作り方はとても簡単です。ティーバッグをそのままお湯に通すだけ、またポット用ですので作り置きしておくこともできます。

お試し用として20グラムと120グラムがありますので、まず気軽にお試し用を使ってみるのがお勧めです。


妊婦さんの場合は毎日1リットルは飲みたいところです。母乳で出て行く水分をしっかり把握しておくと大体の目安が掴めると思います。

また、たんぽぽ茶を購入するとおいしい飲み方のレシピが付いてきます。ティーバッグ1個を急須に入れ、沸騰したお湯を好みの加減で注ぎます。この時ティーバッグを湿らすように注いでいくと効果が高まります。

3分ほど待ってから濃さがどうか一応確認し、そのままティーバッグを取り出して注ぐだけ、また急須はちょっと振ってみると早めに成分が出てきます。やはり推薦されている飲み方がシンプルでお薦めです。

また急須のサイズについては500ミリリットル程度がいいとされていますが、急須が小さければコーヒーポッド等で代用もできると思います。

また、濃さは大体の感じでいいと思いますし、お湯の量やティーバッグを入れておく時間は飲みながら調整して、自分に適した濃さにすると良いと思います。

赤ちゃんが1回で約100cc程度母乳を飲むと考えた場合、1日に何回授乳するか、また他にも水分は取ると思いますので、色々計算する必要もありますが、不足してきたら手軽に飲めるたんぽぽ茶を補うだけでも十分だと思います。

また、たんぽぽ茶をまとめて作っておけば、一度に量を飲んでしまう心配もありませんし、こまめに飲むようにしたほうが水分として体内に上手く残すことができます。

たんぽぽ茶はクセの無い味で飽きずに飲めますので、後はいつも作るための道具を清潔に保っておけば安心して妊娠期、授乳期を過ごすことができると思います。

母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】